トップ

服の専門家になる為の資格

資格とアパレル業界

アパレルの資格について

アパレルの資格と一口にいっても、いろいろなものがあります。一例を挙げると、和裁技能士、染色技能検定、婦人子供服製造技能士、ニット製品製造技能士検定といった国家的なものもあれば、レース編物技能検定、カラーコーディネーター、消費生活アドバイザー、色彩検定、販売士(1級~3級)、毛糸編物技能検定といった公的なもの、着物コンサルタント、ジュエリーコーディネーター、洋裁技能検定、ファッション販売能力検定、パターンメーキング技術検定、衣料管理士、POP広告クリエーターといった民間のもの等があります。s資格がなくてもアパレルの仕事は出来ますが、持っていると仕事の幅も自分の視野も広がるでしょう。

運行管理者

アパレル業界で役に立つ資格

アパレル業界で働きたい方、そして現在働いている方共に自身のスキルアップやキャリアアップのために資格を取得しておくことはおすすめです。特に、この業界ではさまざまな資格がありますので自分が興味があるところから勉強していくことができるのもうれしいところです。たとえば、販売職であれば販売士の勉強をはじめてみたり、デザイナーや企画部に属しているなら、カラーコーディネーターの勉強からはじめてみるといったように、仕事と直結する分野を学べることができるため、実務と知識の両方を身につけることができます。これから勉強しておくことでキャリア形成にきっと役立つはずです。

↑PAGE TOP